株式市況

株式市況 「日経平均株価は30円高の小幅続伸 米祝日休場控えて売り買い交錯 中核銘柄も高安まちまち 個別材料株に短期資金循環」

先週末の米国市場は高安まちまち。週明けのメモリアルデーの祝日休場を控えて、売り買いが交錯しています。

ダウ平均株価は、前営業日比58.67ドル安の24,753.09ドル。ナスダック総合指数は9.42ポイント高の7,433.85ポイントで取引を終えました。

為替相場では方向感を欠く動きのなか、週明け早朝は円安推移が確認されています。

東京市場は円安推移を好感した見直し買いが先行。日経平均株価始値は22,488円の小幅続伸スタートに。

寄り付き後は、戻り売りですぐさま軟化、日経平均株価もマイナスに転じる小動き。前営業日終値を挟んでのもみあいに終始しました。

後場ではプラス圏に浮上するも買い気は続かず、売り買い交錯が続いています。

日経平均株価終値は、30.30円高の22,481.09円。東証1部の売買代金は概算で1兆8136億円。東証1部の売買高は概算で10億6400万株。値上がり銘柄は870(41%)に対し値下がりは1107(53%)、変わらずは106(5%)となりました。

日経平均株価の底堅い値動きから、日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>らが堅調。指数を下支えしています。

一方、任天堂<7974>、資生堂<4911>、トヨタ<7203>、KDDI<9433>、武田薬品<4502>、国際石油開発帝石<1605>、日産自動車<7201>などが振るわず。指数の重しとなりました。

売買代金上位では、ユーロ上昇でソニー<6758>、増額の東海カーボン<5301>、仮想通貨関連のリミックスポイント<3825>が賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に石油石炭、鉱業、海運、その他製品、卸売、医薬品、ゴム製品、非鉄、水産農林、情報通信、証券商品、陸運、保険などが並びました。

一方、値上がり上位は空運、紙パルプ、不動産、電気ガス、繊維製品、電気機器、その他金融、金属製品、ガラス土石、化学などとなっています。

個別では、分割実施のソラスト<6197>、自社株買いの日本トリム<6788>、目標株価引き上げの河合楽器<7952>、受注獲得の月島機械<6332>などが物色されました。

新興市場では、クラウドワークス<3900>、ALBERT<3906>、アクセルマーク<3624>、アジャイルメディア・ネットワーク<6573>、フリークアウト<6094>、UTグループ<2146>、サムライ<4794>、オンキヨー<6628>、セキュアヴェイル<3042>などが賑わっています。

────────────────────────
●前営業日5月25日のインターネット会員A情報で買い推奨、メック<4971>がわずか1営業日で目標株価を達成!
5月24日のインターネット会員A情報で買い推奨していた日本触媒<4114>も提供翌営業日に目標株価達成を果たしており、
推奨銘柄の連続目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=10487

インターネット会員A情報はこちら
→ http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#INTERNETA

今回のスポット銘柄は「決算後に出会った最高品質株!」。今回も●倍高期待「最高品質株」との「出会い」をお手伝いさせていただきます!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3437

-株式市況