株式市況

株式市況 「日経平均株価は96円高の4日続伸 FRB議長の議会証言後の円安好感 指数構成比率上位が堅調 テーマ株に短期資金集中」

昨晩の米国市場は上昇。パウエルFRB議長の議会証言で経済の楽観視を明らかにし、リスク選好ムードとなっています。

ダウ平均株価は、前営業日比55.53ドル高の25,119.89ドル。ナスダック総合指数は49.40ポイント高の7,855.12ポイントで取引を終えました。

為替相場ではFRB議長の議会証言後の円安推移で1ドル113円台の円安推移が確認されています。

東京市場は円安推移を好感した買いが先行。日経平均株価始値は22,917円の続伸スタートとなっています。

寄り付き後は、日経平均株価の節目22900円台乗せで大台23000円に迫る動き。堅調もみあいとなりました。

後場では節目22900円割れ、円売り圧力が一巡しており、伸び悩みの動きとなっています。

日経平均株価終値は、96.83円高の22,794.19円。東証1部の売買代金は概算で2兆1670億円。東証1部の売買高は概算で11億4604万株。値上がり銘柄は1444(68%)に対し値下がりは579(27%)、変わらずは79(3%)となりました。

日経平均株価の4日続伸とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ソフトバンクグループ<9984>、ファナック<6954>、中核銘柄のトヨタ<7203>、三井住友FG<8316>、日本電産<6594>、NTTドコモ<9437>などが好調。指数を押し上げています。

一方、任天堂<7974>、ソニー<6758>、キーエンス<6861>、三菱UFJFG<8306>、キーエンス<6861>などが軟調。指数の重しとなりました。

売買代金上位では、仮想通貨関連のマネックス<8698>、日経平均株価の新規採用候補と目されたスタートトゥデイ<3092>、目標株価引き上げの出光興産<5019>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に石油石炭、ゴム製品、精密機器、空運、輸送用機器、電気ガス、水産農林、紙パルプ、不動産、情報通信、卸売などが並びました。

一方、値下がりは鉱業、食料品、その他製品、保険、ガラス土石、その他金融、サービス、海運となっています。

個別では、目標株価引き上げのベルシステム24<6183>、住友不動産<8830>、好業績観測報道のフューチャー<4722>などが物色されました。

新興市場では、ブランジスタ<6176>、ZUU<4387>、シェアリングテクノロジー<3989>、駅探<3646>、チェンジ<3962>、カヤック<3904>、UUUM<3990>、ビジョナリー<9263>、UTグループ<2146>、SAMURAI<4764>、レカム<3323>などが賑わっています。

過去の「株式市況」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/bJFHif

────────────────────────
●7月13日のインターネット会員A情報で買い推奨していた近鉄百貨店<8244>が目標株価を達成!
前営業日発表の決算評価で水準を切り上げており、決算先回り買いが的中しています!
7月11日のインターネット会員A情報で決算先回り買い推奨していたディップ<2379>、7月12日のインターネット会員A情報で決算先回り買い推奨していたサムティ<3244>に続いて、3銘柄連続の目標株価達成となりました!
推奨銘柄の連続目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=10705

●前営業日17日のインターネット会員A情報で買い推奨、小松ウォール工業<7949>がわずか1営業日で目標株価を達成!
本日発表の決算期待で買い進まれており、決算先回り買いが的中しています!
インターネット会員A情報での決算先回り買い推奨は4銘柄連続の目標株価達成となりました!
推奨銘柄の連続目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=10706

「決算先回り買い戦略」を提供! インターネット会員A情報はこちら
→ http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#INTERNETA

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況