株式市況

株式市況 「日経平均株価は167円安の反落 米テクノロジー株安を嫌気 メガバンクに資金シフト 決算銘柄に短期資金向かう」

先週末の米国市場は下落。フェイスブックに続いて、ツイッターを中心にテクノロジー関連の下げが相場を押し下げています。

ダウ平均株価は、前営業日比76.01ドル安の25,451.06ドル。ナスダック総合指数は114.77ポイント安の7,737.42ポイントで取引を終えました。

為替相場では米GDPの予想下振れや株安を受けてドルがやや軟化しています。

東京市場は米テクノロジー株安を嫌気した売りが先行。日経平均株価始値は22,613円の反落スタートとなっています。

寄り付き後は、下値支持となっていた日経平均株価の5日移動平均線を割り込んだあと、下値確認後は下げ渋り、5日移動平均線の攻防が確認されました。

後場も再度下値探り。5日移動平均線を割り込んでいます。

日経平均株価終値は、167.91円安の22,544.84円。東証1部の売買代金は概算で2兆2899億円。東証1部の売買高は概算で14億5078万株。値上がり銘柄は908(43%)に対し値下がりは1124(53%)、変わらずは70(3%)となりました。

日経平均株価の反落とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ソフトバンクグループ<9984>、中核銘柄のソニー<6758>、村田製作所<6981>、小松製作所<6301>などが軟調。指数を押し下げています。

決算売りを浴びた三菱電機<6503>、格下げのエーザイ<4523>、短期資金を集めていたIPOのGAテクノロジー<3491>なども下落。信越化学工業<4063>、日本電産<6594>など決算開示済銘柄への売りも出ました。

売買代金上位では、金融政策を控えて三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>らが堅調。決算銘柄のアルプス電気<6770>、ヤフー<4689>、塩野義製薬<4507>などは賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に石油石炭、医薬品、電気ガス、サービス、精密機器、食料品、機械、不動産、その他製品、保険、情報通信、小売、電気機器などが並びました。

一方、値上がり上位はゴム製品、銀行、鉱業、倉庫運輸、繊維製品、海運、輸送用機器、鉄鋼、水産農林などとなっています。

個別では、増額の椿本チエイン<6371>、決算評価のアルゴグラフィックス<7595>、ソフトバンク・テクノロジー<4726>、マックス<6454>、山九<9065>、自社株買いのアイネス<9742>などが物色されました。

新興市場では、MTG<7806>、メディアシーク<4824>、サインポスト<3996>、ビジョナリー<9263>、リプロセル<4978>、東映アニメーション<4816>、アイエックス・ナレッジ<9753>、ブロッコリー<2706>などが賑わっています。

過去の「株式市況」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/bJFHif

────────────────────────
●前営業日7月27日のインターネット会員A情報で買い推奨、山九<9065>がわずか1営業日で目標株価を達成!
14時開示の第1四半期決算の大幅増益評価で水準を切り上げており、決算先回り買いが的中しています!
推奨銘柄の目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=10761

「決算先回り買い戦略」を提供! インターネット会員A情報はこちら
→ http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#INTERNETA

◆ ◇ ◆  緊 急 告 知  ! ◆ ◇ ◆
今回のスポット銘柄は「8倍高期待・エイトバガー!」。すでに提供した実績のある「株価8倍高期待銘柄」を再び提供します!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3481

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況