株式市況

株式市況 「日経平均株価は300円安の大幅続落 SQ値22655.70円に届かず幻のSQ値に 後場一段安で先月以来の安値 決算反応も限定的」

昨晩の米国市場は高安まちまち。製造業や金融関連が振るわなかった一方、テクノロジー関連は底堅く推移しています。

ダウ平均株価は、前営業日比74.52ドル安の25,509.23ドル。ナスダック総合指数は3.46ポイント高の7,891.78ポイントで取引を終えました。

為替相場ではユーロ下落に対してドルが強含みの推移となっています。

東京市場は円買い一巡を受けて見直し買いが先行。日経平均株価始値は22,606円の反発スタートとなっています。

寄り付き後は、SQ概算値22655.70円が伝わるも原資産の日経平均株価は同値に届かず、幻の値と高めの目標意識から売りが強まり、日経平均株価の前営業日安値割れから下げ幅を広げました。

後場では前場安値割れから一段安。節目22300円を割り込む場面も確認されています。

日経平均株価終値は、300.31円安の22,298.08円。東証1部の売買代金は概算で2兆6162億円。東証1部の売買高は概算で15億792万株。値上がり銘柄は491(23%)に対し値下がりは1541(73%)、変わらずは72(3%)となりました。

日経平均株価の大幅続落とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンクグループ<9984>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>が揃って軟調。指数を押し下げています。

中核銘柄のトヨタ<7203>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、東京エレクトロン<8035>、村田製作所<6981>、KDDI<9433>なども振るわず。指数軟化とともに見切り売りに押されました。

売買代金上位では、自社株買いの富士フイルム<4901>、昭和シェル石油<5002>、好業績株のSECカーボン<5304>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に鉱業、海運、不動産、保険、情報通信、金属製品、電気機器、精密機器、その他製品、化学、鉄鋼、機械、繊維製品、銀行、建設などが並びました。

一方、値上がりは石油石炭の1業種のみとなっています。

個別では、決算評価のハピネット<7552>、品川リフラクトリーズ<5351>、ノーリツ鋼機<7744>、河合楽器製作所<7952>、荏原<6361>などが物色されました。

新興市場では、ALBERT<3906>、エナリス<6079>、GAテクノロジー<3491>、フィンテックグローバル<8789>、エクストリーム<6033>、アルファポリス<9467>、アクセルマーク<3624>、ユニバーサルエンターテインメント<6425>、テリロジー<3356>、ジャストプランニング<4287>などが賑わっています。

過去の「株式市況」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/bJFHif

────────────────────────
今回のスポット銘柄は「A作戦・全回答(All Answer)」。弊社イチオシのアルファベット作戦! その証拠をお見せします!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3489

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況