株式市況

株式市況「日経平均株価は12円高の3日続伸 連日の年初来高値更新 利食いこなし中核銘柄が底堅い 材料株に短期資金集中」

昨晩の米国市場は上昇。米税制改革への期待や堅調な経済指標を好感した買いを集めています。

ダウ平均株価は、前営業日比84.07ドル高の22,641.67ドル。ナスダック総合指数は15.00ポイント高の6,531.71ポイントで取引を終えました。

為替相場では、株高が支えるも1ドル113円台の攻防に。東京時間帯早朝では1ドル112円台後半、1ユーロ132円台半ばで推移しています。

東京株式市場では、米国株高を受けて買い先行。日経平均株価始値は20475円の続伸スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が、連日の年初来高値更新。高値もみあいで推移しました。

後場寄りも前場高値試すも節目20700円乗せならず、売り直されて一時マイナス圏に沈むも大引けにかけて持ち直しています。

日経平均株価終値は、12.59円高の20,626.66円。東証1部の売買代金は概算で2兆3941億円。東証1部の売買高は概算で16億6005万株。値上がり銘柄は820(40%)に対し値下がりは1096(53%)、変わらずは114(5%)となりました。

日経平均株価の年初来高値更新とともに日経平均株価構成比率上位のソフトバンク<9984>、ファナック<6954>、大型株のNTT<9432>、日立<6501>、武田薬品<4502>、三菱電機<6503>、KDDI<9433>が底堅く、指数を下支えしています。

一方、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>は振るわず。日産自動車<7201>、トヨタ<7203>、ファーストリテイリング<9983>、SUBARU<7270>なども売られました。

売買代金上位では、報道材料でジャパンディスプレイ<6740>、直近IPOのPKSHAテクノロジー<3993>が賑わった半面、前営業日に買われた仮想通貨関連のフィスコ<3807>は売られています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に水産農林、その他金融、鉄鋼、機械、食料品、精密機器、情報通信、保険、電気ガス、非鉄、金属製品、その他製品、紙パルプなどが並びました。

一方、値下がり上位には石油製品、鉱業、輸送用機器、ゴム製品、建設、海運、銀行、サービス、不動産などとなっています。

個別では、予想増額のトランザクション<7818>、月次好調のアダストリア<2685>、格上げのアドバンテスト<6857>、目標株価引き上げのカゴメ<2811>などが物色されました。

新興市場では、メタップス<6172>、テックポイント<6697>、ロードスターキャピタル<3482>、WASHハウス<6537>、マイネット<3928>、シンワアートオークション<2437>、細谷火工<4274>、シグマ光機<7713>、アイビー化粧品<4918>などが賑わっています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
   設立9周年記念・「グロースアドバイザーズの集大成」
  「スポット銘柄プラン」 本日12時30分に『究極銘柄』提供完了!
  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3261
    配信銘柄は後場でストップ高、上々の滑り出し!
 『究極銘柄』の提供後も『至高のアドバイス』でサポートします!
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

-株式市況