株式市況

株式市況「日経平均株価は26円高の12連騰 2015年5月以来の連続上昇タイ記録 中核銘柄は高安まちまち テーマ性で短期資金循環」

昨晩の米国市場は堅調。ダウ平均株価が初めて23,000ドル台に乗せるなど、企業決算を好感した買いを集めています。

ダウ平均株価は、前営業日比40.48ドル高の22,997.44ドル。ナスダック総合指数は0.35ポイント安の6,623.66ポイントで取引を終えました。

為替相場では、1ドル112円台が定着。東京時間帯早朝では1ドル112円台前半、1ユーロ132円台前半で推移しています。

東京株式市場では、堅調な外部要因のもと東京市場も買い優勢の立ち上がり。日経平均株価始値は21374円の続伸スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が節目21400円台に乗せる場面が見られたものの、買いは続かず、利益確定売りに押されてマイナスに転じる動きも見られました。

後場も前営業日終値を挟んでもみあい。大引け前に買い直されており、12日続伸を果たしています。

日経平均株価終値は、26.93円高の21,363.05円。東証1部の売買代金は概算で2兆2840億円。東証1部の売買高は概算で13億5776万株。値上がり銘柄は717(35%)に対し値下がりは1226(60%)、変わらずは88(4%)となりました。

日経平均株価続伸、連日の年初来高値更新とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、中核銘柄のトヨタ<7203>、東京エレクトロン<8035>、日立<6501>、キヤノン<7751>、NTT<9432>なども買われており、指数を押し上げています。

一方、任天堂<7974>、ソフトバンク<9984>、ファナック<6954>、三菱UFJFG<8306>、日産自動車<7201>、リクルート<6098>などは安く、高安まちまちとなりました。

売買代金上位では、防衛関連の豊和工業<6203>、直近IPOのPKSHAテクノロジー<3993>が売られた半面、電池関連の田中化学研究所<4080>が活況高。材料性で武田薬品<4502>、アステラス製薬<4503>などが買われています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に医薬品、陸運、石油製品、ゴム製品、輸送用機器、鉱業、精密機器、小売、食料品、情報通信、繊維製品、紙パルプ、不動産などが並びました。

一方、値下がり上位には海運、鉄鋼、その他製品、非鉄、水産農林、ガラス土石、サービス、銀行、卸売、建設、機械などとなっています。

個別では、増額のコムチュア<3844>、松屋<8237>、西部ガス<9536>、材料性でエボラブルアジア<6191>、月次評価のアニコムホールディングス<8715>などが物色されました。

新興市場では、メタップス<6172>、大泉製作所<6618>、メドレックス<4586>、グレイステクノロジー<6541>、中村超硬<6166>、エディア<3935>、不二精機<6400>、ヤマト・インダストリー<7886>、ユビキタス<3858>、壽屋<7809>などが賑わっています。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
 6/20 ヤマシンフィルタ<6240> 前場終値2,283円→上場来高値4,540円
 8/8 ペッパフードサービス<3053> 前場終値2,100円→上場来高値5,970円

 これまで提供20銘柄のうち、2銘柄が株価2倍に! 資産倍増も目指せる!
         【株価倍増銘柄が高確率で出現!】
1ヶ月39,800円!コスパ最強サービス!「ベーシックプラン」の詳細はこちら!
  → http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#BASIC

-株式市況