株式市況

株式市況「日経平均株価は322円高の7日ぶりの反発 大台22000円割れから切り返す 指数は上値切り上げ 中核銘柄に見直し買い」

昨晩の米国市場は下落。原油相場下落でエネルギー関連が売られたほか、米国税制改革の先行き不透明感も売り材料視されています。

ダウ平均株価は、前営業日比138.19ドル安の23,271.28ドル。ナスダック総合指数は31.66ポイント安の6,706.21ポイントで取引を終えました。

為替相場では、株安とともにドル円も軟化、東京時間帯早朝では1ドル112円台後半、1ユーロ133円台前半で推移しています。

東京株式市場では、軟調な外部要因を受けて売りが先行。日経平均株価始値は21975円の続落スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価の大台22000円割れも連日の調整で反発期待も高まっており、朝安からは切り返す動き。切り返したあとも前引け前まで上げ幅を広げました。

後場では前場高値奪回後も上値を伸ばす動き。前営業日高値奪回を果たして上値切り上げに転じ、7営業日ぶりの反発着地を果たしています。

日経平均株価終値は、322.80円高の22,351.12円。東証1部の売買代金は概算で3兆829億円。東証1部の売買高は概算で17億7416万株。値上がり銘柄は1518(74%)に対し値下がりは438(21%)、変わらずは79(3%)となりました。

日経平均株価の7日ぶりの反発とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ソフトバンク<9984>、ファナック<6954>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>なども反発、指数を押し上げています。

中核銘柄のソニー<6758>、東京エレクトロン<8035>、NTT<9432>、キーエンス<6861>、安川電機<6506>、キヤノン<7751>、日本電産<6594>、ホンダ<7267>なども買われました。

売買代金上位では、指数レバレッジETFの日経レバレッジETF<1570>、前営業日に急落していた任天堂<7974>が活況だった半面、SUMCO<3436>、神戸製鋼<5406>、コマツ<6301>などは売られています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位にその他製品、ガラス土石、情報通信、水産農林、精密機器、紙パルプ、化学、小売、医薬品、電気機器、食料品、サービス、倉庫運輸などが並びました。

一方、値下がりは鉱業、金属製品、石油製品の3業種となっています。

個別では、アプリの表示不具合修正でアカツキ<3932>、格上げのTBSホールディングス<9401>、配当実施でKLab<3656>、UMCエレクトロニクス<6615>などが物色されました。

新興市場では、串カツ田中<3547>、そーせい<4565>、ブライトパス<4594>、PKSHA<3993>、ジーエヌアイグループ<2160>、グレイステクノロジー<6541>、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>、ロードスターキャピタル<3482>、ビーマップ<4316>、UTグループ<2146>、メイコー<6787>、不二精機<6400>などが賑わっています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
『特別情報』『特別情報』『特別情報』『特別情報』
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今回のスポット銘柄は「提供90回記念!」
特別情報料は過去最低となる50,000円です!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

受付は11月22日11時30分まで! 提供は12時30分!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3303

記念すべき提供90回目となったスポット銘柄!
過去最低情報料50,000円! 実は2度目?
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3303

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況