株式市況

株式市況「日経平均株価は56円安の3日続落 反発スタートも戻り売りで軟化 5日線、SQ値割れで引ける 決算材料株に賑わい」

昨晩の米国市場は上昇。企業の好決算期待や原油相場上昇を好感した買いが相場を押し上げています。

ダウ平均株価は、前営業日比205.60ドル高の25,574.73ドル。ナスダック総合指数は58.20ポイント高の7,211.78ポイントで取引を終えました。

為替相場では、物価指数低下を受けてドルが軟調展開。東京時間帯早朝では1ドル111円台前半、1ユーロ134円台前半で推移しています。

東京株式市場では、米国株高を好感した買いが先行。日経平均株価始値は23,719円の反発スタートに。

寄り付き算出のSQ概算値は23723.19円の算出となり、寄り付き後は方向性を探る流れ。戻り売りと押し目買いが交錯、前営業日終値を挟んでもみあいに終始しました。

後場も5日移動平均線やSQ値を挟んで水準探りの動き。ただ、前場安値を割り込む場面もあるなど、買い気は鈍っています。

日経平均株価終値は、56.61円安の23,653.82円。東証1部の売買代金は概算で3兆2196億円。東証1部の売買高は概算で16億9619万株。値上がり銘柄は596(28%)に対し値下がりは1385(67%)、変わらずは82(3%)となりました。

日経平均株価の続落とともに日経平均株価構成比率上位のソフトバンク<9984>、時価総額上位の三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、トヨタ<7203>、ソニー<6758>なども軟調。指数を押し下げています。

一方、決算評価のファーストリテイリング<9983>、コンビクションリスト採用のファナック<6954>、決算期待の安川電機<6506>などが買われました。

売買代金上位では、短期資金流入の任天堂<7974>、バイオ関連のラクオリア創薬<4579>、観測報道の東海カーボン<5301>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に電気ガス、倉庫運輸、情報通信、食料品、精密機器、医薬品、紙パルプ、海運、小売、不動産、水産農林、建設などが並びました。

一方、値上がりは機械、鉄鋼、その他製品、その他金融、ゴム製品、非鉄となっています。

個別では、自社株買いの大阪有機化学工業<4187>、決算評価のトランザクション<7818>、島忠<8184>、松屋<8237>、格上げの新電元工業<6844>などが物色されました。

新興市場では、ナノキャリア<4571>、ユナイテッド<2497>、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>、ネオジャパン<3921>、旅工房<6548>、レカム<3323>、アエリア<3758>、フジタコーポ<3370>などが賑わっています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
『特別情報』『特別情報』『特別情報』『特別情報』
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

来週配信銘柄は『トリプルエイト!』2018年、目標8倍高、今回の情報料も末広がり特別設定8万円!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3349

◆ ◇ ◆  緊 急 告 知  ! ◆ ◇ ◆
なんと「8倍高銘柄」はすでに提供済!こちらで無料公開しています!
再び【株価8倍高銘柄】出現を目指します!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3349

-株式市況