株式市況

株式市況「日経平均株価は271円安の続落 5日移動平均線割れ 円高で中核銘柄に売り広がる 材料株などに短期資金」

昨晩の米国市場は高安まちまち。企業決算や貿易問題を意識して売り買いが交錯しています。

ダウ平均株価は、前営業日比41.31ドル高の26,252.12ドル。ナスダック総合指数は45.23ポイント安の7,415.06ポイントで取引を終えました。

為替相場ではムニューシン財務長官によるドル安志向の発言を受けてドル売りが優勢。東京時間帯早朝では1ドル109円台前半、1ユーロ135円台半ばで推移しています。

東京株式市場では、円高推移を受けて売りが先行。日経平均株価始値は23,750円の続落スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が朝安から下げ渋る動きが見られたあと、戻り売りで軟化しました。

後場では、前場安値を割り込む場面もあり、下げ幅を広げたものの、軟調もみあいで推移しています。

日経平均株価終値は、271.29円安の23,669.49円。東証1部の売買代金は概算で2兆9626億円。東証1部の売買高は概算で15億6333万株。値上がり銘柄は462(22%)に対し値下がりは1519(73%)、変わらずは82(3%)となりました。

日経平均株価の続落とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ソフトバンク<9984>、ファナック<6954>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>が揃って売られており、指数を押し下げています。

中核銘柄のソニー<6758>、トヨタ<7203>、値嵩株のキーエンス<6861>、東京エレクトロン<8035>、信越化学工業<4063>なども軟調。一方、前営業日に決算売られた安川電機<6506>は切り返しました。

売買代金上位では、増額のブレインパッド<3655>が活況高。決算評価に自社株買いの日本電産<6594>、材料性でショーケース<3909>も買われています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に空運、電気機器、銀行、機械、その他製品、輸送用機器、精密機器、海運、証券商品、ガラス土石、繊維製品、金属製品などが並びました。

一方、値上がりは石油石炭、鉱業、陸運の3業種となっています。

個別では、株主優待拡充の東京個別指導学院<4745>、決算評価のカブドットコム証券<8703>、格上げの電通<4324>、自社株買いの高松グループ<1762>などが物色されました。

新興市場では、ブライトパス<4594>、大泉製作所<6618>、サンバイオ<4592>、一家ダイニング<9266>、オンコリスバイオファーマ<4588>、レカム<3323>、エヌエフ回路設計ブロック<6864>、歯愛メディカル<3540>などが賑わっています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
『特別情報』『特別情報』『特別情報』『特別情報』
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

来週配信銘柄は提供99回記念『スリーナイン!』
今回も特別サービス付き! 企画参加はこちらで!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3361

◆ ◇ ◆  緊 急 告 知  ! ◆ ◇ ◆
提供「99回」記念なのに『スリーナイン(999)!』その理由はこちらで公開します!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3361

-株式市況