株式市況

株式市況「日経平均株価は62円安の反落 5日移動平均線、75日移動平均線をキープ 米ハイテク株安とともに外需関連が軟調 内需関連に資金シフト」

昨晩の米国市場は続落。キャタピラーの決算売りやテクノロジー関連の調整が響いています。

ダウ平均株価は、前営業日比424.56ドル安の24,024.13ドル。ナスダック総合指数は121.25ポイント安の7,0007.35ポイントで取引を終えました。

為替相場は株安とともにドルが下落、東京時間帯早朝では1ドル108円台後半、1ユーロ133円台前半で推移しています。

東京株式市場では、米ハイテク株安を嫌気した売りが先行。日経平均株価始値は22,118円の反落スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が下値支持となっていた5日移動平均線を割り込む動き。ただ、売り一巡後は見直されるも戻り売りで売り直されました。

後場も再度下げ渋りの動き。反落も終値では5日移動平均線、75日移動平均線を保つ動きとなっています。

日経平均株価終値は、62.80円安の22,215.32円。東証1部の売買代金は概算で2兆4679億円。東証1部の売買高は概算で14億2346万株。値上がり銘柄は1077(51%)に対し値下がりは894(42%)、変わらずは109(5%)となりました。

日経平均株価の反落とともにハイテク株の東京エレクトロン<8035>、ファナック<6954>、安川電機<6506>、キーエンス<6861>らが下落。ソニー<6758>、キヤノン<7751>、日立<6501>ら大手電気機器も軟調で、指数を押し下げています。

一方、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>が堅調。内需関連のNTT<9432>、KDDI<9433>なども底堅く推移。外需関連からの資金シフトを取り込みました。

売買代金上位では、シャイアー買収の武田薬品<4502>が下落。決算売りを浴びた日本電産<6594>、目標株価引き下げの昭和電工<4004>の下げが目立っています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に機械、鉱業、石油石炭、電気機器、ガラス土石、鉄鋼、証券商品、サービス、化学、非鉄、空運、繊維製品、医薬品、海運などが並びました。

一方、値上がり上位は電気ガス、ゴム製品、食料品、建設、保険、陸運、輸送用機器、倉庫運輸、紙パルプ、銀行、情報通信などとなっています。

個別では、決算評価で新日本無線<6911>、東光高岳<6617>、日立ハイテクノロジーズ<8036>、増額の鉄建建設<1815>などが物色されました。

新興市場では、バーチャレクス・コンサルティング<6193>、パルマ<3461>、ドリコム<3793>、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>、神戸天然物化学<6568>、GameWith<6552>、新日本建物<8893>、医学生物学研究所<4557>などが賑わっています。

────────────────────────
●16日のインターネット会員A情報で買い推奨、イリソ電子工業<6908>が目標株価を達成!

推奨銘柄の目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=10358

インターネット会員A情報はこちら
→ http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#INTERNETA

◆ ◇ ◆  緊 急 告 知  ! ◆ ◇ ◆
決算シーズン突入! 決算銘柄の【無料銘柄診断キャンペーン】を開催します!
今回の無料銘柄診断はいつもと一味違います! 違いをぜひ確認してください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=520

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況