株式市況

株式市況「日経平均株価は428円高の3日続伸 大台22000円を奪回 中核銘柄に見直し買い続く 東証1部値上がり銘柄は2002(96%)」

先週末の米国市場は高安まちまち。連日の上昇から出遅れ物色が見られた半面、先導株に利益確定売りが出ています。

ダウ平均株価は、前営業日比19.01ドル高の25,219.38ドル。ナスダック総合指数は16.97ポイント安の7,239.47ポイントで取引を終えました。

為替相場では円買い圧力が一巡しており、東京時間帯早朝では1ドル106円台前半、1ユーロ132円台前半で推移しています。

東京株式市場では、円高一服を好感した買いが先行。日経平均株価始値は21,903円の続伸スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価の大台22000円奪回も確認されており、高値もみあいに終始しました。

後場では前場高値奪回から上値を伸ばし、大台22000円値固めが確認されています。

日経平均株価終値は、428.96円高の22,149.21円。東証1部の売買代金は概算で2兆3256億円。東証1部の売買高は概算で12億9080万株。値上がり銘柄は2002(96%)に対し値下がりは56(2%)、変わらずは7(0%)となりました。

日経平均株価の3日続伸とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンクグループ<9984>、メガバンクの三井住友FG<8316>、三菱UFJFG<8306>、みずほFG<8411>が揃って上昇、指数を押し上げています。

円買い一巡でトヨタ<7203>、ソニー<6758>、ホンダ<7267>、日産自動車<7201>など外需関連も好調、内需系のNTT<9432>、JT<2914>、KDDI<9433>なども買われました。

売買代金上位では、任天堂<7974>、東京エレクトロン<8035>、ブイ・テクノロジー<7717>、キーエンス<6861>、SMC<6273>など値嵩株も好調。バイオ関連のラクオリア創薬<4579>も賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に卸売、その他金融、不動産、サービス、倉庫運輸、機械、電気ガス、その他製品、非鉄、建設、水産農林、化学、銀行、海運、輸送用機器などが並びました。

一方、値下がりはゴム製品の1業種となっています。

個別では、増額のエイチーム<3662>、月次評価でミスミグループ<9962>、子会社の米事業会社買収でコシダカ<2157>、目標株価引き上げのラウンドワン<4680>などが物色されました。

新興市場では、フィル・カンパニー<3267>、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>、PKSHA<3993>、メディアシーク<4824>、ドリコム<3793>、サインポスト<3996>、ラクオリア創薬<4579>、明豊エンタープライズ<8927>、ヴィスコテクノロジー<6698>などが賑わっています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
『特別情報』『特別情報』『特別情報』『特別情報』
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

目標10倍高期待『テンバガー』「目標10倍高」に挑む理由!
バブル相場到来の予感! 投資行動を起こすなら今!
我々の発揮し得る最高の自信を提供します!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3374

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況