株式市況

株式市況「日経平均株価は42円安の4日ぶり反落 売り買い交錯で大台23000円攻防 メガバンク、中核銘柄の下げが重しに 仮想通貨関連の短期物色続く」

昨晩の米国市場は上昇。米中通商協議の進展を好感した買いを集めています。

ダウ平均株価は、前営業日比298.20ル高の25,013.29ドル。ナスダック総合指数は39.70ポイント高の7,394.04ポイントで取引を終えました。

為替相場は通商問題進展による資源国通貨上昇が確認されています。

東京市場は前営業日上昇からの利益確定売りと押し目買いが交錯。日経平均株価始値は23,025円の小動きスタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が前営業日終値や大台23000円を挟んでのもみあいに終始しました。

後場も同水準でのもみあいが継続、方向感を欠く動きとなっています。

日経平均株価終値は、42.03円安の22,960.34円。東証1部の売買代金は概算で2兆1437億円。東証1部の売買高は概算で12億7964万株。値上がり銘柄は732(35%)に対し値下がりは1261(60%)、変わらずは90(4%)となりました。

日経平均株価の反落とともにメガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>が下落。ソニー<6758>、トヨタ<7203>、JT<2914>、NTT<9432>など中核銘柄も軟調で、指数を押し下げています。

一方、日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンク<9984>が上昇。ハイテクの村田製作所<6981>、東京エレクトロン<8035>も買われました。

売買代金上位では、仮想通貨関連のリミックスポイント<3825>が活況高。2部所属の東芝<6502>、材料性で日東電工<6988>なども賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に保険、金属製品、鉱業、水産農林、電気ガス、非鉄、小売、倉庫運輸、その他金融、証券商品、食料品、繊維製品、ガラス土石、不動産などが並びました。

一方、値上がりは紙パルプ、陸運、卸売、石油石炭、ゴム製品などとなっています。

個別では、投資判断で西尾レントオール<9699>、格上げの新光電気工業<6967>、ファンド大量保有のデジタルアーツ<2326>、中期経営計画評価で亀田製菓<2220>などが物色されました。

新興市場では、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>、アドバンスト・メディア<3773>、ティーケーピー<3479>、グローバルウェイ<3936>、ウェルビー<6556>、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ<6090>、レカム<3323>、シンワウィッシュ<2437>、日特エンジニアリング<6145>、ルーデン<1400>などが賑わっています。

────────────────────────
◆ ◇ ◆  緊 急 告 知  ! ◆ ◇ ◆
今回のスポット銘柄は「20万円以下で買える決算評価2倍高期待株」
2倍高銘柄の90%にある共通点を発見しました! データで絞り込み、2倍高銘柄を狙い撃ちます!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3432
受付は明日11時30分まで! お見逃しなく!

────────────────────────
 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 「少ない資産でも株取引で利益を得たい!」
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「20万円以下で買える株!」は定期的に配信していた「人気テーマ」です!
  では、なぜ『20万円』という設定なのか?
実は個人投資家における【お買い得ゾーン】とも言える水準だからです!

 ● 1000株単位における株価200円まで!
 ● 100株単位における株価2000円まで!

少額投資でも大丈夫! 「20万円以下で買える決算評価2倍高期待株!」を明日公開します!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3432

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況