株式市況

株式市況 「日経平均株価は42円安の反落 米国株安、円高推移を嫌気 朝安からは下げ渋り 内需関連に資金シフト」

昨晩の米国市場は下落。北米貿易協定の先行き不透明感やテクノロジー関連の調整が相場を押し下げています。

ダウ平均株価は、前営業日比205.99ドル安の25,080.50ドル。ナスダック総合指数は64.48ポイント安の7,136.39ポイントで取引を終えました。

為替相場では株安ととももに1ドル114円割れとドルも軟化しています。

東京市場は米国株安、円高推移を嫌気した売りが先行。日経平均株価始値は21,670円の反落スタートとなっています。

寄り付き後は、見直し買いを集めており、朝安から下げ幅を縮めました。

後場では後場寄りから再度軟化。軟調もみあいとなるなか、大引け前にかけて下げ渋っています。

日経平均株価終値は、42.86円安の21,803.62円。東証1部の売買代金は概算で2兆3409億円。東証1部の売買高は概算で15億54万株。値上がり銘柄は1111(52%)に対し値下がりは911(43%)、変わらずは89(4%)となりました。

日経平均株価の反落とともにメガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>、日経平均株価構成比率上位のソフトバンクグループ<9984>、ファナック<6954>らが下落。指数を押し下げています。

一方、ファーストリテイリング<9983>、日本郵政<6178>、NTT<9432>、KDDI<9433>など内需関連が底堅く推移しました。

売買代金上位では、東芝<6502>、スルガ銀行<8358>、リクルートホールディングス<6098>などが物色されています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に銀行、保険、紙パルプ、証券商品、海運、石油石炭、その他金融、医薬品、精密機器などが並びました。

一方、値上がりはゴム製品、サービス、電気ガス、金属製品、陸運、不動産、繊維製品、化学、水産農林、ガラス土石などとなっています。

個別では、決算評価のチェンジ<3962>、東京応化工業<4186>、月次好調のIDOM<7599>などが物色されました。

新興市場では、ALBERT<3906>、サンバイオ<4592>、ソレイジア・ファーマ<4597>、イーソル<4420>、クラウドワークス<3900>、UTグループ<2146>、地域新聞社<2164>などが賑わっています。

過去の「株式市況」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/bJFHif

────────────────────────
●14日のインターネット会員A情報で買い推奨、アバント<3836>がわずか1営業日で目標株価を達成!

推奨銘柄の目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=11126

「毎営業日1銘柄」を提供! インターネット会員A情報はこちら
→ http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#INTERNETA

≪来週配信銘柄募集開始!≫「スポット銘柄プラン」

受付は11月21日11時30分まで! 提供は12時30分となります!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3546

自信があるからこその【銘柄勝負】 その勝負に【勝つ自信】はあります! ぜひ、体験してください!

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況