株式市況

株式市況 「日経平均株価は144円高の3日続伸 米国株高好感も取引終盤伸び悩む 指数構成比率上位の見直し継続 材料株に利益確定売り」

昨晩の米国市場は上昇。企業の好決算期待の高まりを追い風に物色を集めています。

ダウ平均株価は、前営業日比320.11ドル高の24,776.59ドル。ナスダック総合指数は67.81ポイント高の7,756.20ポイントで取引を終えました。

為替相場では株高とともにドルが上昇、1ドル111円台に突入しています。

東京市場は米国株高を好感した買いが先行。日経平均株価始値は22,215円の続伸スタートとなっています。

寄り付き後は、日経平均株価が先週高値を試す動き。上値を伸ばして大台22300円台に乗せる場面もありました。

後場では、前場値幅内での堅調もみあい、節目22200円台を固める動きとなっています。

日経平均株価終値は、144.71円高の22,196.89円。東証1部の売買代金は概算で2兆6087億円。東証1部の売買高は概算で15億2212万株。値上がり銘柄は932(44%)に対し値下がりは1094(52%)、変わらずは73(3%)となりました。

日経平均株価の3日続伸とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ソフトバンクグループ<9984>、ファナック<6954>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>らが揃って上昇。指数を押し上げています。

一方、アルツハイマー薬の試験結果で買い進まれていたエーザイ<4523>、製品値上げ報道で買い進まれていた村田製作所<6981>、格上げで買い進まれていたスタートトゥデイ<3092>には利益確定売りが出ました。

売買代金上位では、自社株買い報道のヤフー<4689>、経営統合の出光興産<5019>、昭和シェル石油<5002>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に石油石炭、非鉄、電気機器、海運、機械、ゴム製品、保険、鉱業、証券商品、精密機器、銀行、鉄鋼、空運、ガラス土石、建設、繊維製品などが並びました。

一方、値下がり上位は電気ガス、陸運、水産農林、食料品、倉庫運輸、不動産、紙パルプ、医薬品、その他製品、小売などとなっています。

個別では、決算評価のコジマ<7513>、新規カバレッジ開始の日本トムソン<6480>、設備投資計画のデンカ<4061>、目標株価引き上げの太陽誘電<6976>などが物色されました。

新興市場では、MTG<7806>、メルカリ<4385>、ZUU<4387>、ALBERT<3906>、ディー・ディー・エス<3782>、駅探<3646>、ビジョナリー<9263>、フェローテック<6890>、メディシノバ<4875>、フォーサイド<2330>などが賑わっています。

過去の「株式市況」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/bJFHif

────────────────────────
2016年の七夕提供銘柄はなんと株価3.2倍高! 七夕は相場で輝く「スター銘柄」と出会えるタイミング! 明日は「輝星株Shining☆Star☆Stock」を公開します!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3466

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況