株式市況

株式市況 「日経平均株価は409円高の続伸 後場一段高でSQ値、25日移動平均線を突破 中国貿易統計も押し上げ 指数構成比率上位が活躍」

昨晩の米国市場は反発。対中追加関税表明も中国が目立った反応示さず、貿易戦争懸念後退とともに見直し買いを集めています。

ダウ平均株価は、前営業日比224.74ドル高の24,925.19ドル。ナスダック総合指数は107.30ポイント高の7,823.92ポイントで取引を終えました。

為替相場では株高や新興国資金のドル還流が確認されています。

東京市場は米国株反発、円安好感の買いが先行。日経平均株価始値は22,397円の続伸スタートとなっています。

寄り付き後は、SQ概算値22452.35円、25日移動平均線に乗り直しており、上値を伸ばしたあと高値もみあいとなりました。

6月の中国貿易統計で貿易戦争の影響は見られず、後場も買い優勢となり、日経平均株価も一段高となっています。

日経平均株価終値は、409.39円高の22,597.35円。東証1部の売買代金は概算で2兆5472億円。東証1部の売買高は概算で12億7836万株。値上がり銘柄は1547(73%)に対し値下がりは473(22%)、変わらずは80(3%)となりました。

日経平均株価の大幅続伸とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>が決算評価、ソフトバンクグループ<9984>が新値追い、ファナック<6954>が反転しており、指数を押し上げています。

メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>らが揃って上昇。中核銘柄のソニー<6758>、東京エレクトロン<8035>、ホンダ<7267>、日本電産<6594>なども買われました。

売買代金上位では、中国環境規制関連の東海カーボン<5301>、中国関連のコマツ<6301>、好業績期待の資生堂<4911>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位にサービス、繊維製品、精密機器、ガラス土石、化学、電気機器、その他製品、非鉄、金属製品、情報通信、倉庫運輸、鉄鋼などが並びました。

一方、値下がりは石油石炭、電気ガスとなっています。

個別では、決算評価のGunosy<6047>、古野電気<6814>、コスモス薬品<3349>、エスフーズ<2292>、セントラル警備保障<9740>などが物色されました。

新興市場では、ブランジスタ<6176>、ロコンド<3558>、CYBERDYNE<7779>、ユーザベース<3966>、弁護士ドットコム<6027>、スタジオアタオ<3550>、テリロジー<3356>、フォーサイド<2330>、ビーマップ<4316>、リーバイス<9836>などが賑わっています。

過去の「株式市況」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/bJFHif

────────────────────────
●7月11日のインターネット会員A情報で買い推奨していたディップ<2379>が目標株価を達成!
前営業日発表の決算評価で水準を切り上げており、決算先回り買いが的中しています!
推奨銘柄の目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=10688

●前営業日12日のインターネット会員A情報で買い推奨、サムティ<3244>がわずか1営業日で目標株価を達成!
本日場中発表の決算評価で買い進まれており、決算先回り買いが的中しています!
推奨銘柄の連続目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=10689

「決算先回り買い戦略」を提供! インターネット会員A情報はこちら
→ http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#INTERNETA

今回のスポット銘柄は「J作戦・日本の宝株(Japanese Jewel)」。弊社イチオシのアルファベット作戦! その証拠をお見せします!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3471

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況