株式市況

株式市況「日経平均株価は2円安の4日続落 反発スタートも後場で軟化 先物主導で戻り売りに押される 決算材料株に物色」

先週末の米国市場は上昇。インテルの決算を受けて半導体株に買いが入り、指数を押し上げています。

ダウ平均株価は、前営業日比223.92ドル高の26,616.71ドル。ナスダック総合指数は94.61ポイント高の7,505.77ポイントで取引を終えました。

為替相場では日銀総裁の物価見通し発言が円買いを誘い、東京時間帯早朝では1ドル108円台後半、1ユーロ135円台前半で推移しています。

東京株式市場では、米国株高を受けて見直し買いが先行。日経平均株価始値は23,707円の反発スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が戻り売りをこなして上値を伸ばす動き。堅調展開を見せていました。

ただ、昼休みから先物主導で軟化、後場寄りから売り優勢の立ち上がり。前場上昇分を消す動きとなっています。

日経平均株価終値は、2.54円安の23,629.34円。東証1部の売買代金は概算で2兆5939億円。東証1部の売買高は概算で13億2628万株。値上がり銘柄は1129(54%)に対し値下がりは828(40%)、変わらずは102(4%)となりました。

日経平均株価の続落とともに日経平均株価構成比率上位のソフトバンク<9984>、ファーストリテイリング<9983>、メガバンクの三井住友FG<8316>が軟調。任天堂<7974>、キーエンス<6861>など値嵩株も安く、指数を押し下げています。

一方、ファナック<6954>、東京エレクトロン<8035>、三菱UFJFG<8306>、、みずほFG<8411>、日本電産<6594>、KDDI<9433>などが底堅く、指数を下支えしました。

売買代金上位では、決算評価の信越化学工業<4063>、仮想通貨関連のSBIホールディングス<8473>、目標株価引き上げのSMC<6273>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に建設、紙パルプ、水産農林、陸運、その他製品、海運、医薬品、食料品、不動産、その他金融、繊維製品、空運などが並びました。

一方、値上がりは石油石炭、化学、卸売、鉄鋼、輸送用機器、金属製品、サービス、非鉄、保険、ガラス土石、機械、情報通信などとなっています。

個別では、決算評価のマクニカ富士<3132>、アルゴグラフィックス<7595>、エムスリー<2413>、カバレッジ開始の信越ポリマー<7970>などが物色されました。

新興市場では、ロードスター<3482>、グローバルリンクマネジメント<3486>、FFRI<3692>、レノバ<9519>、テリロジー<3356>、ジオマテック<6907>、岡藤<8705>、ネクストウェア<4814>などが賑わっています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
  『特別情報』『スリーナイン』『特別情報』
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

『提供99回記念』で情報料も特別設定9万円!
今年はこれまでの相場と違います! 投資行動を起こすなら今!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3361

────────────────────────
●23日のインターネット会員A情報で買い推奨、マクニカ・富士エレホールディングス<3132>が目標株価を達成!
後場取引時間中に開示した決算評価の買いを集めており、決算先回り買いが奏功しています!
15日のインターネット会員A情報で買い推奨していたHANATOUR JAPAN<6561>、16日のインターネット会員A情報で買い推奨していたプレミアグループ<7199>、17日のインターネット会員A情報で買い推奨していたデュアルタップ<3469>、18日のインターネット会員A情報で買い推奨していたMonotaRO<3064>、19日のインターネット会員A情報で買い推奨していたKOA<6999>、22日のインターネット会員A情報で買い推奨していたSHOEI<7839>がすでに目標株価達成を果たしており、インターネット会員A情報は7銘柄連続の目標株価達成に!

推奨銘柄の連続目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=1243

◆ ◇ ◆  緊 急 告 知  ! ◆ ◇ ◆
提供「99回」記念スポット銘柄『スリーナイン(999)!』
さらに「39万円以下」で購入可能! 奮ってご参加ください!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3361

-株式市況