株式市況

株式市況「日経平均株価は551円高の大幅続伸 貿易戦争懸念後退で見直し加速 上げ幅500円超で高値引け 全業種上昇の全面高商状」

昨晩の米国市場は大幅反発。ムニューシン米財務長官が米国が中国製品への関税を賦課しないように、米中が合意に達することは可能との認識を示し、貿易戦争懸念後退とともに見直し買いを集めています。

ダウ平均株価は、前営業日比669.40ドル高の24,202.60ドル。ナスダック総合指数は227.88ポイント高の7,220.54ポイントで取引を終えました。

為替相場では株高とともにドルも復調、東京時間帯早朝では1ドル105円台半ば、1ユーロ131円台前半で推移しています。

東京株式市場では、米国株急反発を好感した見直し買いが先行。日経平均株価始値は20,958円の反発スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が大台21000円奪回を果たし、高寄り後も上値を追う動きを見せました。

後場も前場高値を上抜けて一段高、5日移動平均線奪回を果たしており、上げ幅は500円を超える高値引けとなっています。

日経平均株価終値は、551.22円高の21,317.32円。東証1部の売買代金は概算で3兆2137億円。東証1部の売買高は概算で16億4385万株。値上がり銘柄は1966(94%)に対し値下がりは105(5%)、変わらずは13(0%)となりました。

日経平均株価の続伸とともに日経平均株価構成比率上位のファナック<6954>、ファーストリテイリング<9983>、ソフトバンクグループ<9984>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>なども上昇。指数を押し上げています。

外需関連のソニー<6758>、トヨタ<7203>、日産自動車<7201>、コマツ<6301>、値嵩株の東京エレクトロン<8035>、キーエンス<6861>、日本電産<6594>、信越化学工業<4063>なども買われました。

売買代金上位では、指数大幅続伸を受けて日経レバレッジETF<1570>が活況だった半面、インバース型の日経ダブルインバース<1357>が売られています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の全業種が上昇。値上がり上位に石油石炭、ガラス土石、卸売、陸運、不動産、輸送用機器、非鉄、建設、機械、化学、倉庫運輸、繊維製品、電気機器などが並びました。

一方、値上がり下位は空運、情報通信、医薬品、海運、その他製品、食料品、小売、精密機器、ゴム製品、紙パルプなどとなっています。

個別では、増額のアルゴグラフィックス<7595>、エフ・ジェー・ネクスト<8935>、セントラル警備保障<9740>、目標株価引き上げのジーエスユアサ<6674>などが物色されました。

新興市場では、MRT<6034>、ファイバーゲート<9450>、そーせいグループ<4565>、PKSHA<3993>、GameWith<6552>、ジェイテック<2479>、テラ<2191>、イナリサーチ<2176>、カーディナル<7855>などが賑わっています。

   ○●○●○●○●○●○●○●○●○
   『明日受付締切!』『明日配信!』
   ○●○●○●○●○●○●○●○●○

今回のスポット銘柄は「期末・救世主銘柄!」
情報料は期末特別設定「セブンプライス」の70,000円です!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

受付は明日28日11時30分まで! 提供は12時30分!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
【1銘柄】特選推奨!「一突き」で状況転換を狙いましょう!
乱高下する相場環境、権利落ちの実質新年度相場入で出現する「救世主銘柄」とは?
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3396

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況