株式市況

株式市況「日経平均株価は118円高の反発 外部要因進展で見直し買い集める 伸び悩みで終値はSQ値21853.92円割れ 決算銘柄に短期物色が向かう」

昨晩の米国市場は上昇。トランプ米大統領がTPP復帰の検討を示唆したことが物色につながっています。

ダウ平均株価は、前営業日比293.60ドル高の24,483.05ドル。ナスダック総合指数は71.22ポイント高の7,140.25ポイントで取引を終えました。

為替相場は米国のTPP復帰検討やシリア情勢の進展期待でドルが上昇。東京時間帯早朝では1ドル107円台前半、1ユーロ132円台前半で推移しています。

東京株式市場では、外部要因進展を好感した見直し買いが先行。日経平均株価始値は21,801円の反発スタートに。

寄り付き後は、ファーストリテイリング<9983>の好決算も押し上げ要因となり、SQ概算値は21853.92円と伝わると上値追いも戻り売りで伸び悩みました。

後場では押し目買いが下支え。決算銘柄の反応も一巡、今後開示を控える銘柄の買い手控えも確認されています。

日経平均株価終値は、118.46円高の21,778.74円。東証1部の売買代金は概算で2兆4390億円。東証1部の売買高は概算で15億2766万株。値上がり銘柄は1368(65%)に対し値下がりは638(30%)、変わらずは76(3%)となりました。

日経平均株価の反発とともにメガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>らが揃って上昇。日経平均株価構成比率上位のファナック<6954>、ソフトバンクグループ<9984>も堅調で指数を押し上げています。

一方、決算売りに押された安川電機<6506>が安く、前営業日に物色された良品計画<7453>にも利益確定売り。物色が先行したファーストリテイリング<9983>も買い一巡後はさえない展開となりました。

売買代金上位では、コインチェック買収のマネックスグループ<8698>が連日の大商い。仮想通貨関連のSBIホールディングス<8473>、テクノロジー関連のSUMCO<3436>、東京エレクトロン<8035>、ルネサスエレクトロニクス<6723>なども賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値上がり上位に海運、鉄鋼、銀行、機械、金属製品、非鉄、証券商品、紙パルプ、電気機器、ガラス土石、石油石炭、鉱業、精密機器、繊維製品などが並びました。

一方、値下がりはサービス、医薬品、小売、食料品、電気ガス、水産農林、情報通信となっています。

個別では、決算評価のセントラル警備保障<9740>、サムティ<3244>、コーナン商事<7516>、IDOM<7599>、島忠<8184>などが物色されました。

新興市場では、ユナイテッド<2497>、メディアシーク<4824>、トランザス<6696>、ブティックス<9272>、ジェイテックコーポ<3446>、クラウドワークス<3900>、串カツ<3547>、オンキヨー<6628>、フェローテック<6890>、ドーン<2303>、セルシード<7776>などが賑わっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今回のスポット銘柄は「提供110回記念!」
特別情報料は過去最低となる50,000円です!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 来週配信「スポット銘柄プラン」特設ページ
   もうご覧になられましたか?

受付は4月18日11時30分まで! 提供は12時30分!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3411

記念すべき提供110回目となったスポット銘柄!
過去最低情報料50,000円! 90回提供銘柄は2.4倍高!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3411

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況