株式市況

株式市況 「日経平均株価は423円安の反落 円買い圧力とともに再度軟化 SQ値22313.75円攻防も大引けで下押し 中核銘柄に戻り売り」

昨晩の米国市場は反発。コンピューター取引が主導する売りが一巡したとの報道がテクノロジー関連を中心に買い戻しを誘っています。

ダウ平均株価は、前営業日比287.16ドル高の25,339.99ドル。ナスダック総合指数は167.83ポイント高の7,496.89ポイントで取引を終えました。

為替相場では米国が日本にも為替条項を求めるとの観測で円買い圧力が強まっています。

東京市場は前営業日の反発から円高推移を嫌気した売りが先行。日経平均株価始値は22,501円の反落スタートとなっています。

寄り付き後は、前営業日算出のSQ値22313.75円近辺での安値もみあいとなりました。

後場も同レベルでのもみあい。前営業日算出のSQ値との攻防が続いています。

日経平均株価終値は、423.36円安の22,271.30円。東証1部の売買代金は概算で2兆5945億円。東証1部の売買高は概算で14億17万株。値上がり銘柄は223(10%)に対し値下がりは1852(87%)、変わらずは34(1%)となりました。

日経平均株価の反落とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンクグループ<9984>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>などが安く、指数を押し下げています。

東京エレクトロン<8035>、村田製作所<6981>、キーエンス<6861>など値嵩株なども軟調。中核銘柄のトヨタ<7203>、ソニー<6758>、ホンダ<7267>なども売られました。

売買代金上位では、インバース型ETFの日経ダブルインバース<1357>にヘッジ目的の買いを集めて賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位は情報通信、ガラス土石、輸送用機器、食料品、銀行、精密機器、倉庫運輸、その他製品、化学、繊維製品、建設、陸運、機械などが並びました。

一方、値上がりは鉱業、空運の2業種に限られています。

個別では、決算評価のGunosy<6047>、コーナン商事<7516>、ジンズ<3046>、増額のワコム<6727>などが物色されました。

新興市場では、UUUM<3990>、エクストリーム<6033>、アドバンスト・メディア<3773>、チームスピリット<4397>、テリロジー<3356>、INEST<3390>、夢の街創造委員会<2484>などが賑わっています。

過去の「株式市況」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/bJFHif

────────────────────────
●12日のインターネット会員A情報で買い推奨、ロゼッタ<6182>がわずか1営業日で目標株価を達成!
本日発表予定の決算期待で株価水準を切り上げており、決算先回り買いが的中しています。
10月11日のインターネット会員A情報で決算先回り買い推奨していたエスケイジャパン<7608>に続いて、2銘柄連続の目標株価達成となりました!

推奨銘柄の連続目標株価達成を速報でお伝えしました!

→ http://kabutomato.jp/kabutomato/searchAction.do?id=true&searchText=11045

「毎営業日1銘柄」を提供! インターネット会員A情報はこちら
→ http://kabutomato.jp/ga_kabutomato/plan.html#INTERNETA

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  『究極銘柄』の爆発的上昇は今後も続く!?
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

     ●●●●●●●●●●●●●●●●
     今、株を買わなくて、いつ買うの?
     ●●●●●●●●●●●●●●●●
「あのとき買っておけば良かったなぁ~」からいい加減卒業しましょう!
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

≪17日配信銘柄≫「スポット銘柄プラン」会員募集中!
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3526

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況