株式市況

株式市況 「日経平均株価は595円安の暴落 一時704円安で年初来安値を更新 円高推移で後場一段安 日米金融政策確認後に軟化」

昨晩の米国市場は急反落。FOMC政策声明で利上げ実施、来年の利上げ実施予定も3回から2回とするも1回のコンセンサスを上回り、株安につながっています。

ダウ平均株価は、前営業日比351.98ドル安の23,323.66ドル。ナスダック総合指数は147.08ポイント安の6,636.83ポイントで取引を終えました。

為替相場では利上げ実施、コンセンサスを上回る利上げペースでドルが強含んでいます。

東京市場は米国金融政策確認後の米国株安を嫌気した売りが先行。日経平均株価始値は20,779円の続落スタートとなっています。

寄り付き後は、ドル堅調で日経平均株価も節目20800円台での攻防が確認されたものの、前引け前に節目を割り込むと下げ幅を広げました。

昼休みの日銀金融政策で現状維持が伝わり、円高推移とともに日経平均株価も後場一段安。下げ幅は600円超えで年初来安値を更新してきています。

日経平均株価終値は、595.34円安の20,392.58円。東証1部の売買代金は概算で3兆43億円。東証1部の売買高は概算で18億2122万株。値上がり銘柄は74(3%)に対し値下がりは2047(96%)、変わらずは9(0%)となりました。

日経平均株価の3日続落とともに日経平均株価構成比率上位のファーストリテイリング<9983>、ソフトバンクグループ<9984>、ファナック<6954>、東京エレクトロン<8035>、メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>などが下落。指数を押し下げています。

中核銘柄のトヨタ<7203>、NTT<9432>、イオン<8267>、キヤノン<7751>、ソニー<6758>、リクルートホールディングス<6098>なども売られました。

売買代金上位では、新規上場のソフトバンク<9434>が商いを伴って堅調。武田薬品、インバース型ETFの日経ダブルインバース<1357>などが賑わっています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位に海運、証券商品、倉庫運輸、機械、電気機器、ガラス土石、非鉄、金属製品、繊維製品、情報通信、その他金融、鉄鋼、建設などが並びました。

一方、値上がりは電気ガスの1業種に限られています。

新興市場では、テクノスデータ<7046>、ブライトパス<4594>、ワイエスフード<3358>、モーニングスター<4765>などが賑わっています。

過去の「株式市況」はこちらで公開中!
→ https://goo.gl/bJFHif

────────────────────────
≪来週配信銘柄≫「スポット銘柄プラン」の会員募集を開始しました!

今回、サービスを提供する「スポット銘柄プラン」は、文字通り推奨銘柄をもとに10日間の売買助言を提供する「スポットサービス」です。
推奨銘柄となる『究極銘柄』は厳選に厳選を重ねた大幅上昇期待銘柄を提供!

☆★☆★ 今回は『2銘柄』提供します! ☆★☆★
   1銘柄単価は過去最安会員費となります!

値幅取りを狙った「高利益追求型」プランです。
→ http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3581

受付は12月26日11時30分まで! 提供は12時30分となります!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今回も「我々の発揮し得る最高の自信」を提供することをお約束します!
「成功報酬はありません」 儲けられるだけ儲けてください!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況