株式市況

株式市況「日経平均株価は4日ぶりの小反落 大台22000円台を保つ動き 中核銘柄に利益確定売り広がる 決算銘柄に明暗」

昨晩の米国市場は下落。国債上昇とともに中小型株中心に軟調展開となっています。

ダウ平均株価は、前営業日比85.45ドル安の23,348.74ドル。ナスダック総合指数は2.30ポイント安の6,698.96ポイントで取引を終えました。

為替相場では、株式下落とともにドルも軟化、東京時間帯早朝では1ドル113円台前半、1ユーロ131円台後半で推移しています。

東京株式市場では、外部要因悪化とともに売りが先行。日経平均株価始値は21897円の反落スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価が前営業日安値割れとともに下値を探ったあと、押し目買いで下げ渋る動きを見せました。

後場も日経平均株価が下げ幅を縮める動き。一時プラス圏に浮上する場面が見られたものの、上値の重い展開となっています。

日経平均株価終値は、0.06円安の22,011.61円。東証1部の売買代金は概算で3兆5298億円。東証1部の売買高は概算で18億8801万株。値上がり銘柄は1073(52%)に対し値下がりは864(42%)、変わらずは94(4%)となりました。

中核銘柄のトヨタ<7203>、SUBARU<7270>、コマツ<6301>ら外需関連、三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>、みずほFG<8411>らメガバンクが下落。指数を押し下げています。

日経平均株価構成比率上位のソフトバンク<9984>も米携帯電話統合交渉打ち切りで下落。利益確定売りに押されたSUMCO<3436>、決算売りに押された花王<4452>の値下がりも目立ちました。

売買代金上位では、端末販売計画引き上げの任天堂<7974>、増額のデンソー<6902>、決算評価のアルプス電気<6770>、TDK<6762>が買われています。

セクターでは、業種別株価指数騰落の値下がり上位にゴム製品、銀行、石油、証券商品、情報通信、保険、輸送用機器、鉄鋼、化学、卸売、医薬品、その他金融、非鉄、食料品などが並びました。

一方、値上がりは倉庫運輸、その他製品、不動産、海運、電気機器、水産農林、空運、ガラス土石、繊維製品などとなっています。

個別では、増額の日新<9066>、横河ブリッジ<5911>、決算評価のタダノ<6395>、愛三工業<7283>、トランコム<9058>、ファンケル<4921>などが物色されました。

新興市場では、メドレックス<4586>、ジーエヌアイグループ<2160>、メタップス<6172>、エディア<3935>、中村超硬<6166>、ディー・ディー・エス<3782>、テックファーム<3625>、不二精機<6400>、ワットマン<9927>などが賑わっています。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      最高経営責任者・小澤が放つ「渾身の一銘柄!」
      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3285

   今回の「スポット銘柄プラン」では特別サービスを実施!
   最高経営責任者・小澤との「電話サービス」は明日まで!

  投資顧問会社グロースアドバイザーズ CEO(最高経営責任者)
  分析担当者筆頭・小澤正治は米国経済、ビジネス環境分析のエキスパート!
  ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
        詳細はリンク先でぜひご確認ください!
  → http://kabutomato.jp/kabutomato/ad/click.do?adi=3285

記事下広告(スポット銘柄プラン)

スポット銘柄プラン

-株式市況